Welcome to blog of couple of girls.

まずは好奇心から。

一人暮らしか実家か


実家に帰るか、一人暮らしを続けるか。

婚約するまで実家に帰れば毎月の出費が安くなる、貯金もしやすい。

でも一人暮らしは自由がある。

どうしよう。。
スポンサーサイト

こんなの欲しいの


実家に帰るのでせっかくだから
こなちゃんを連れて帰ろうと思います。



てなわけで、今回はカバンのお話。



小夏が来る前に購入した これ は結構強度に問題があってあれなので

これを新しく買ったんですが


これはこれで問題がありまして。



これはこれで


小夏が人に触れられなくて不安がる。


(くっついてたら安心するタイプの子。)




なんか、横から手を入れられてー
財布とかもいれられてー
無題

わかりますかね??


これだけで出先に行けるかんじの…


こんな構造のリュック欲しい。




誰か作ってーーーー!!!



\ ポチってくれたら1小夏ポイント贈呈 /

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 写真ブログへ
 

ツーショット


ツ○ッターでふと読んだんですが

「猫や犬が亡くなったあとに
一緒に写った写真がなくて後悔した」

という話。




私も実家にいた猫達とのツーショットあまりなくて
わかる!!ってなりました。

スマホが発達した今の時代

「写真がない!」

はあまりないかもだけど。

ツーショットはわかるなあ。

家族で住んでない二人暮らしのうちとか特に。
(誰もとってくれないので)


これからは小夏と自撮りというものを
沢山していこうと思います。



この世に生まれたからには
どっちがいなくなったっておかしくないもの。


思い出を残しておくことも大事ですね。








そんなこんなで超べたべたな小夏!!

ゆめかわいい


オシャレ流行ガールからすると
どんだけ時代追いつくの遅いのって感じかもしれませんが
ゆめかわいい物やら雰囲気にはまっています。








この写真。

もとからカラーボックスに入れてる箱レンガにしたりするの
好きだったけど
ピンクフィルターかけたら余計可愛い!!






これも、ピンクの毛布にブルーの小夏にピンクフィルター。


背景が笑いを誘うけれども
とってもゆめかわいい!!


小夏はかわいいからなんでもにあうなーと
親ばかな私でした。



から。

たまねぎ


ペットを飼ったことのない人も知ってる
一般常識だと思いますが


【 犬や猫にねぎ類はだめ 】


私、これずっと食べさせては
だめという事だと思っていました。


今まで調理中に玉ねぎ落とさないようにだけ
気をつけてて…。

あとはキッチン出入り自由。





小夏はママ何してるのっ子なので
キッチンに覗きに来ては走り回ってを繰り返していました。


わたしが玉ねぎ四つを刻み終わって
ふと小夏をみると目からたんまり涙を流して
目が空かない状態。

びっくりしてだっこして顔をみると
辛いのか「ふみゃ」って小声を出す。


充満する玉ねぎの臭いではっと気づきました。


猫は臭いもだめなんだ!!!



急いで手を改めて何回も何回も荒い
ガーゼに水を含ませ
目を5回位に分けて拭き取りました。





小夏は最初は嫌がりましたが
吹けばふくほど涙がましになってることが分かったのか
5回目には抵抗なくふけました。




しばらく様子をみていると




今まで通りに戻って本当にほっ。




皆様も玉ねぎ、においもだめなこと
是非知っておいてくださいね。